福山市松永地区のこども英語教室

フォニックス学習法について

 
フォニックス学習法
この記事を書いている人 - WRITER -
広島県福山市松永地区で子ども英会話教室レインボードロップスを運営。英語を話せるようになるだけでなく、人前できちんと自分の意見を言えるようになる英語教育を目指している。プライベートでは子ども2人の子育てに奮闘中。

福山市西部松永地域の
15歳までの子ども英会話教室
レインボードロップスの難波さおりです。

 

2020年から小学校でも英語が教科になることもあり、

 

わが子にも英語を習わせた方がいいの?

何が大事なの?

どんな教室がいいの?

どんな勉強法がいいの?

 

などなど、わが子を思うからこそ、
いろいろな不安や疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

今日はその中の
どんな勉強方法で英語を習ったらいいのについてお話しします。

 

レインボードロップスでは

 

フォニックス学習法

 

を採用しております。

 

フォニックス学習法とは文字と音のルールです

 

簡単に言うとフォニックスとは

 

英語の文字と音のルールの事です!

 

例えば日本語なら
ひらがなを覚えれば誰でも

 

い ぬ

 

と読めますよね。

 

 

でも英語の場合
アルファベットをならっても

 

dog

 

は読めません。

 

d  o  g はいくら早口で読んでも
アルファベットのd・o・gでしかない。

 

アルファベットしか読めない状態で
多くの単語を覚えないといけなくなる中学生になると

 

まず文章が読めない
読めない字はリスニングができない

 

読めない聞けないだと
テストもうまくできなくて
英語が苦手になってしまうかもしれません。

 

英語の勉強をすると言っても
英語教育のトレーニングを受けていない学校の先生などから
英語の学習法を学び、

 

意味なく並んだアルファベットの並びと意味と読み方を覚え
そしてさらに英語の文法を理解して問題を解く…
気の遠くなる作業です。

 

でも

 

フォニックス学習法で

 

音のルールを知り
読めない単語が読めるようになったり

 

その音からスペルに直すことができるようになったら
最初のハードルが下がりませんか?

 

アルファベット一つ一つに名前とは別に音があって
アルファベットの並びによっても音のルールがあるんです。

 

それを学ぶのが

 

フォニックス学習法

 

フォニックス学習法の学び方詳細は
また詳しく書いていきますね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
広島県福山市松永地区で子ども英会話教室レインボードロップスを運営。英語を話せるようになるだけでなく、人前できちんと自分の意見を言えるようになる英語教育を目指している。プライベートでは子ども2人の子育てに奮闘中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 福山市松永こども英会話レインボードロップス , 2019 All Rights Reserved.

Top