福山市松永地区のこども英語教室

英語で大事なのはプロソディです

 
この記事を書いている人 - WRITER -
広島県福山市松永地区で子ども英会話教室レインボードロップスを運営。英語を話せるようになるだけでなく、人前できちんと自分の意見を言えるようになる英語教育を目指している。プライベートでは子ども2人の子育てに奮闘中。

福山市松永地区の
子ども英会話教室レインボードロップスの難波です。

 

英語を話す時
大事なことはたくさんあります。
代表的なものとして

 

・発音
・文法
・単語力
・度胸

   など

 

どれも大事なのですが、

 

小学校や中学校の英語教育では
あまり重要視されていないのか、
私たちがあまり思い浮かばないこと

 

それは

 

prosody【ぷろそでぃ】

韻律(いんりつ)
自然な英語の発話の中における
リズムや強弱やテンポのことです。

 

アメリカ映画を見ててネイティブの人が
歌うように、流れるようにしゃべっている感じがしませんか?

 

それがプロソディ、
英語の音の流れの音楽的要素のことを言います。

 

1つ1つの単語がきれいに発音できていたとしても
文章のリズムや
単語の強弱ができていないと

 

全く伝わらない場合があります。

 

そうなってしまうと、

 

「自分の単語の発音が悪いのかな?」

 

と思って、単語の練習ばかりの
不毛な努力をしてしまうことになりかねません。

 

逆の言い方をすれば、

 

単語、1つ1つの発音は
少し訛っているとか
聞き取りづらくても

 

プロソディ(リズムやテンポや強弱)ができていると
案外伝わることもあるのです!

 

だから、レインボードロップスでは
フォニックスで単語の発音を学んで、

 

子ども英会話楽しく学ぶ

歌やチャンツや絵本を使って
プロソディを一緒に学びます!

 

チャンツとは、
英語の文章を一定のリズムに乗せて
口ずさむことです。

 

これらを反復練習することによって
自然に楽しくプロソディ、英語のリズムを身に付けられるんですよ!

 

気になる方は一度体験レッスンに来てみてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
広島県福山市松永地区で子ども英会話教室レインボードロップスを運営。英語を話せるようになるだけでなく、人前できちんと自分の意見を言えるようになる英語教育を目指している。プライベートでは子ども2人の子育てに奮闘中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 福山市松永こども英会話レインボードロップス , 2019 All Rights Reserved.

Top